中高年マッチングアプリ

 

マッチングアプリで女性とマッチングし、仲良くなったら、次はデートに誘うことが大切です。ただし、デートの誘い方が失敗してしまうと、せっかくの関係も壊れてしまうことがあります。

 

デートに誘う前に、女性が自分に好意を持っているかどうかを確認することが大切です。また、デートの誘い方やタイミングにも気を配る必要があります。

 

この記事では、女性がデートに応じるためのコツや、うまくデートに誘う方法について解説していきます。

 

デートに誘う際には、ぜひ参考にしてくださいね。

 

最初のデートに誘うタイミング

 マッチングアプリでは仲良くなったらデートに誘う必要があります。

 

デートに誘わないと手遅れになってしまい他の男性にとられてしまうからです。

 

なぜデートに誘う必要があるのか、まずはそこから解説していきます。

 

なぜデートに誘う必要があるのか

マッチングアプリには出会いを求める男女がたくさんいます。

 

ただメッセージのやり取りだけを続けているだけでは、その女性は別の男性からアプローチを受けてしまうかもしれません。

 

女性は、実際の顔が見えない人よりも、一度会って楽しめる人を好みます。

 

自分が狙っている女性が他の男性に取られないように、良いタイミングがあれば勇気を出してデートに誘いましょう。

 

盛り上がったとしてもデートに誘わない男性は、男性としての魅力を低く見られ、付き合うことが難しくなるでしょう。

 

ここでは、デートに誘うタイミングについて解説していきます。

 

話が盛り上がったとき

女性がデートにOKを出しやすいタイミングは、話が盛り上がったときです。

 

話が盛り上がれば、「この男性は安全な人で会っても大丈夫だ」という印象を与えることができます。

 

会って話が盛り上がらないか心配になるため、事前にメッセージや通話で盛り上がることが重要です。

 

このように、女性が安心してデートに参加できるように、男性は会話を楽しませることに取り組む必要があります。

 

共通の趣味やよく行く場所を話した時

 共通の趣味や会話の中でよく行く場所を話した時に誘うのが一番自然なデートの誘い方です。

 

また相手もよくその場所に行くと言っていることから、断られることも少ないです。

 

具体的な誘い方を紹介します。

 

女性

よくカフェに行くのよね

自分

カフェいいよねー。落ち着けるし。どこ行くの?

女性

私は○○の所とかよく行くよー

自分

おっマジで?僕もよく行くんですよ。雰囲気いいんですね!

女性

そうですよね。すごくいい所ですよ

自分

それなら今度一緒に行きませんか?

 

のような流れで誘ってみてくださいね。

 

女性もよくカフェに行くと言っている以上、断りづらいと思います。

 

この後の女性の反応を見て、具体的な日にちを決めるか、引いて仲良くなってからもう一回デートに誘うか決めてください。

 

ただしこのセリフを言うのもマッチングした最初や電話を始めたタイミングはダメで、少し仲良くなって打ち解けたくらいのタイミングにしてください。

 

最初に言ってしまって相手が乗り気ならいいのですが、そうでない場合は断られて気まずくなってしまいます。

 

通話した最後で

電話で話が盛り上がったらデートに誘いましょう。

 

マッチングアプリでは、その男性は会っても大丈夫な男なのか、安全なのかを常に気にしています。

 

そのため、電話で話して女性がその男性を信頼できると感じたタイミングであれば、デートに誘ってもOKをもらいやすいです。

 

電話ならデートの場所や日にちを具体的に決めやすく、スムーズに計画が進められます。 話が盛り上がれば、逆に女性からデートに誘われることもあるので、自分も積極的に話すように向きましょう。

 

ただし、話が盛り上がらないと、会ってもつまらないと思われて、相手から興味を失ってしまう可能性がありますので、会話の内容や流れにも気を配り、相手が楽しめるような話題を提供するように整えましょう。

 

OKがもらえるデートの誘い方のコツ

 次に女性をデートに誘うためのコツを紹介していきます。

 

上で紹介した適切なタイミングで、下で紹介するコツ通りに誘えば基本的にはデートの誘いはOKを貰えます。

 

待ち合わせの日程を女性に合わせて具体的に決める

女性とデートする 日程は、女性の予定をできるだけ合わせて、具体的な日付を決めることが重要です。

 

日程や場所は、相手のことを考えて調整しましょう。 多くの女性は社会人で、休日が土日と限らなかったり、仕事が夜まで続いたりすることもあります。

 

相手の生活習慣などを聞いて、相手がOKできる日程を提案するようにしましょう。

 

また、皆さんも経験的にわかると思いますが、「いつか遊ぼう」と言って、遊んだことがありますか?

 

それと同じことになってしまうので実際に会うとなったら日にちも具体的に決めてしまいましょう。

 

また、何度も強調してきましたが、女性は常に多くの男性からアプローチを受けているので、日にちを具体的に決めていないと、他の男性にとられてしまう可能性が高くなります。

 

女性が好むデートプランを考える

デートの成功には、女性が好むデートプランを提案することが最も重要です。ただし、1回目のデートと2回目以降のデートで異なるアプローチが必要です。

 

初めての相手との1回目のデートでは、数時間も一緒に過ごすことは気を使うため、軽い食事(カフェ、高級過ぎないランチ、ディナー)に誘うのが良いでしょう。

 

デートが終わったら、感謝のメッセージと共に「またどこかに行きましょう!」と送り、相手が乗り気なら次のデートに誘いましょう。

 

マッチングアプリでは短期決戦が重要なので次のデートに誘うことが大事です。。

 

ここで一気に他の男よりも仲のいい男になる必要があります。

 

2回目以降のデートでは、1回目よりも長いデートプランを提案することが大切です。水族館、映画館、美術館など、二人で楽しめる空間を選びましょう。

 

デートが終わったら食事に誘い、ランチとディナーの2段階で誘うのが効果的です。

 

相手が警戒心を持っている場合は、まずランチに誘ってから大きな場所に行くことを提案しましょう。また、1回目のデートから水族館などのデートに誘っても良いですが、2回目以降で提案する方が自然です。

 

正直に誘う

女性を誘う際には、ストレートに明確な提案をすることが大切です。

 

曖昧な誘い方をすると、相手はどう反応すればいいか分からず、日程の調整も難しくなってしまいます。

 

このような記事で学んでいない人は、「今度どっかご飯に行こ!」といった具体性のない誘いしかできないかもしれませんが、それは良くありません。

 

「今度」は具体的ではなく、「ご飯」という言葉も曖昧で、女性は実際に何をするか分からなくなってしまいます。

 

具体的な提案がないと、女性も何をするか考えなければならなくなり、負担がかかってしまいます。

 

なので話の流れで○○のカフェや○○の店とストレートに誘いましょう。

 

まとめ

 女性をデートに誘うためには、誘うタイミングと誘い方の2つが重要です。

 

特に、女性は男性に対して多少の警戒心を持っているので、その警戒心がほぐれたタイミングでデート打診をするのがオススメです。

 

また誘い方も1回目は軽く2回目はガッツリデートする予定を立ててそうなるように会話も誘導しましょう。

 

この2つを意識して女性をばんばんデートに誘ってください!

 

頑張ってください。応援しています!

 

Twitterでフォローしよう