中高年マッチングアプリ

 

マッチングアプリに登録するのは難しそうだと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実際にはとても簡単です。

 

基本的に、登録に必要な情報を入力するだけで、2~3分ほどで登録が完了します。

 

登録の流れは大きく分けて、まずは電話番号やメールアドレスから会員登録を行い、その後プロフィールや写真を登録し、年齢確認を行うことになります。

 

この記事では、具体的な登録方法と注意点を説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

また、マッチングアプリの登録方法はほぼ同じような流れで行われるため、これを基本に他のアプリの登録もスムーズに行えるでしょう。

 

出会い系の登録法を解説

 以下の手順で登録を行います。

登録法
  • 自分に合いそうなマッチングアプリを探す
  • 電話番号やメールアドレスから無料会員登録する
  • プロフィールの項目や相手の希望を埋める
  • 写真をアップロードする
  • 年齢確認を完了させる
  • 雰囲気に合わなかったり人が少なかったら別のアプリを試す

     

    それでは具体的な登録方法を解説します。

     

    自分に合いそうなマッチングアプリを探す

    マッチングアプリで成功するためには、選ぶアプリが一番大切です。

     

    年齢層や目的に合ったマッチングアプリを選ぶことが重要で、例えば30代で真剣な恋人や結婚相手を探す人が多いアプリや、40代で再婚相手を探す方が多いアプリなどがあります。

     

    一般的に知られている大手マッチングアプリには、アプリ版とweb版があり、自分に合った方を選択できますが、個人的にはアプリ版がおすすめです。相手からのメッセージをすぐに確認でき、返信も早くできるからです。

     

    無料会員でも女性の検索やプロフィール、コミュニティの種類を見ることができるため、そのアプリの雰囲気を掴むことができます。

     

    電話番号やメールアドレスから無料会員登録する

     まずは電話番号やメールアドレスから無料会員登録をします。

     

    ただし、アプリによって登録方法は異なり、メールアドレスや電話番号から登録できるアプリや、FacebookやLINEで登録できるアプリなどがあります。

     

    選んだアプリに登録すると、認証番号やFacebookのパスワード、SMSに届く番号を入力して確認を行います。 それぞれの番号を入力すると、ログインできるようになります。

     

    プロフィール項目や相手の希望を埋める

    ログインが完了すると、次にプロフィールを入力します。

     

    プロフィールには、身長や体重からいつまでに結婚したいか、相手に求める希望などが聞かれるので、全て埋めてください。

     

    この項目によって、アプリが自動で自分に合いそうな女性をピックアップしてくれます。

     

    ただし、間違ったり後から変更したいときは、プロフィール欄から簡単に変更できます。

     

    婚活活用のマッチングアプリでは、写真も重要視されますが、プロフィールも相当に見られます。

     

    写真をアップロードする

    次に、写真をアップしてください。

     

    マッチングアプリにおいて、写真は非常に重要です。第一印象が決まってしまうためです。

     

    風景だけの写真やふざけた写真を使っていると、相手から返信やいいねが来なくなってしまいます。また、いいねが返ってきた場合には、それは業者による可能性があるので注意してください。

     

    ただし、Facebookから登録すると、写真はFacebookのアイコンが一番目になるので、注意が必要です。

     

    年齢認証を完了させる

     最後に絶対に必要なのは年齢確認です。

     

    マッチングアプリは年齢確認しない内は、有料会員だとしても相手にメッセージを送ることができません。

     

    つまり年齢確認をしない限り、会う事ができないようになっています。

     

    使える身分証は以下のものです。

    身分証
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 健康保険証
    • 住民基本台帳カード
    • マイナンバーカード

     

    アプリによって多少変わりますが基本は上の身分証で登録することができます。

     

    雰囲気に合わない・人が少ない場合は別のアプリを試す

    登録が完了したら、自分の好みに合う女性を絞りで検索してみましょう。

     

    自分が探していたタイプの人が少なかった場合や、アプリの雰囲気が自分に合わなかった場合は、別のマッチングアプリを試してみることもオススメです。

     

    マッチングアプリに登録する際の注意点はこちら

     ここからはマッチングアプリに登録する際の注意点を紹介します。

     

    別の身分証明書が必要になることもある

    マッチングアプリによっては条件によってさらに身分証明書が必要になります。

     

    例えばmarrishは年収700万以上の人は収入証明書の提出が必須です。

     

    めんどくさいと思いますが、他のアプリよりも年収面において700万以上の信用度が高くなるので、年収を重宝している女性から多くメッセージが来るようになるかもしれません。

     

    課金方法によって値段が変わる

     マッチングアプリで出会うには有料会員になる必要がありますが、なるべく安く済ませたいですよね?

     

    ですが課金方法によって値段が変わるので注意が必要です。

     

    マッチングアプリの課金方法は主に3種類です。

    課金方法
    • クレジットカード
    • Google play
    • Apple id

       

      各アプリによって料金設定が異なりますが、クレジットカードでの支払いが一番安い方法となります。

       

      価格帯はアプリによって異なり、1ヶ月あたりの料金が500円程度変わる場合があります。

       

      クレジットカードを持っている場合は、その方法で登録することをおすすめします。 ただし、クレジットカードの場合、毎月自動支払いされることに注意してください。

       

      また、利用期間によって1ヶ月あたりの料金が大きく異なるため、自分が使う期間に合わせたプランを選択することが重要です。

       

      例えば、12ヶ月プランが一番安い場合がありますが、真剣な恋人や結婚相手を探す場合でも、そこまで長くマッチングアプリを使用する必要はないでしょう。

       

      一般的には、マッチングしてから実際に交際に発展するまでにかかる期間は1〜3ヶ月程度とされているため、3ヶ月か6ヶ月プランを選択することがおすすめです。

      不正すると強制退会させられる

      マッチングアプリは、不正行為をさせたユーザーを凍結させたり、退会させたりすることで、悪質ユーザーを一時停止しています。

       

      また、同じ文面を送り続けたり、botのような行動をとるとAIによって検出されたり、アプリ内の評価が変わってマッチングをさせにくくすることもあります。

       

      さらに、別のSNSへ誘導したり、不適切な表現を使った場合は、メッセージを送信できなくなり、警告通知が届きます。

       

      警告が多い場合はBANされる可能性もあるため、アプリ内でしっかりとコミュニケーションをとり、実際に会った際に連絡手段を交換するようにしましょう。

       

      まとめ

      マッチングアプリの登録手順は大変だったり、危険性があるとよく言われますが、当サイトで紹介した手順に従えば2〜3分で登録が完了します。

       

      これまで解説したことを理解して使えば、安全に利用できます。

       

      マッチングアプリを運営している企業は大手が多いため、問題が生じた場合は、お問い合わせやQ&Aの利用もおすすめです。

       

      マッチングアプリはどのアプリを使うかが一番重要なので、合わないと思ったら紹介されている別のアプリを使いましょう!

       

       

      Twitterでフォローしよう